Lapis Luna
Lucia Lino
Lycka Leal
Laula

新:出逢いは桃のいたずら

この記事は約3分で読めます。

実はラウラを迎えた時
2にゃん同時お迎えも頭をよぎっていました。

前に書いたように、我が家のソマリ〜ずは
第一世代(ラピルナルキア)と第二世代(リノリッカレアル)
それぞれのつながりがすごく強い上に
一番下のレアルでも、ラウラとは9歳差。

そこに世代の溝ができてしまわないか少し心配で。

実際迎えてみたら、遊びたい盛りのラウラと、静かに過ごしたいオトにゃん達
お互いにストレスになっていないかと悶々とする母ちゃん。

いずれはやっぱりラーちゃんにお友達が必要かなぁ

がっ☆その日は突然やってきた!!

ある日ラウラのご実家で
ベビにゃん達とわらわらと遊ばせてもらっていた時
その中に妙に惹かれる子が一人。

この子なんだか桃に似てる・・・

桃とゆ〜のは、我が家の子沢山しっぽファミリーの発端となったうさぎさん。
2002年にお月様に帰って以降
一家を守ってくれている大きな大きな存在です。

ベビソマとうさぎさん(ネザーランドドワーフ)が
似てるというのも変な話だけど、
その子の「瞳」を見てるとどうしても桃を思い出してしまって….

家に帰って、しゃおさんに
「チビにゃん達がたくさんいて可愛かったよ〜」と動画を見せていたら
突然「この子、桃に似てる!!」ってしゃおさんが号泣(TωT )。
私が感じたのと同じ感覚をしゃおさんも感じとったのにはビックリでした!!!

さらに、後でブリーダーさんに聞いたら、そのチビにゃん達の誕生日は7月20日。

桃がお月様に帰った日。

この子が運命の子なんだと、母ちゃん達は確信しました。

ブログの方では何度も書いたように、桃は私達にとって特別な
奇跡のうさぎさん。

ソマリ〜ずの「隊長」として
今も揺るぎない存在感を発揮してくれるラピとの出会いも
桃の計らいだったと母ちゃん達は信じています。

母ちゃん達の幸せなしっぽライフは、桃から始まり
桃の遣わせたこのベビくんで締めくくる。

母ちゃん達ももう一度初心に戻って
この素晴らしい家族たちと過ごせる幸せを
日々大切にして歩んでいく。

きっと桃はそう望んでいるんだと感じます。

ラピを迎えて始めたブログ「ソマリらいふ.jp」の
一番最初の記事のタイトルは「出逢いは桃のいたずら」でした。

ラトとの出会いのエピソードを書いたこのpostにも

同じタイトルを付けようと思います(vv 〃)

にほんブログ村 猫ブログ ソマリへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
想い
りんぽぽをフォローする
ソマリ~ず猫画館 *Merry Pranks*

コメント

タイトルとURLをコピーしました