ペルシャ絨毯のようなティッキングの味わいと、キュートな胸元のフリル(※ティッキングについては【ソマリのカラー】をご覧ください)。優雅なソマリのコートは、日々どんな風にお手入れしたらいいのでしょうか。

ソマリの被毛は、ダブルコートといって、オーバーコート(上毛)とアンダーコート(下毛)から成っています。長さはセミロングですが、とりたてて扱いにくい毛質ではないので、お手入れは楽な方だと思います。毛玉もほとんどできません(毛玉はこの10年間でリノとルキアに2〜3回できただけです/笑)。

これまでにソマリブリーダーさん方から伺ったお手入れの仕方をまとめると、「1日1回のコーミングと、1〜2ヶ月に1回程度のシャンプー」が平均的なご意見だったように思います。

たしかに我が家のことを考えても、毎日コーミングをしているせいか、普段はあまり抜け毛で困るようなことはありません。ただ、換毛期には、コーミングではおいつかないほど抜け毛がファブリックについたり、毛玉を吐いたり、うんちが緩くなったり、明らかに事情が変わってきます。なので、やはり定期的なシャンプーは必要ですね....と自分たちに言い聞かせてゴニョゴニョ(汗)。

毎日のグルーミング

グルーミングされるソマリ

コーミングに関しては、長女を迎える際に、ベテランソマリブリーダーさんから「ソマリの日常のお手入れはコーム一本で足りますよ、むしろブラシは使わないで」とアドバイスされたこともあり、ちょっと質のいいコームを奮発して、以来ずっとそのコームでお手入れしています。

コームを使ったお手入れだと、ブラシと違ってアンダーコートまでしっかり櫛目を入れられ、適度に毛を取り去ることができるので、オーバーコートのゴージャス感は損なわず、毛球症対策にもなります。また、コーミングしながら体のあちこちに触って異変がないか確認することで、1日1回の家庭内健康診断?も兼ねています。

シャンプー教室

シャンプー直後のソマリ

実は我が家のソマリたちはめちゃくちゃなシャンプー嫌い(子猫時代からシャンプー癖をつけなかった母たちが悪いんです/泣)。シャンプー場となるバスルームはいつも戦場。2〜3ヶ月に一度のシャンプーなんてとても実行できていない私達に、何かを語れる資格は皆無です(開き直りかい/笑)。

そんなわけで、大昔に参加したキャットクラブ主催の「猫のシャンプー教室」から、「プロに教えてもらったシャンプーのポイント」をいくつか記しておきます。

シャンプー前にしておくことは、爪切り・耳掃除・体のチェック
* 爪はカギ状になっている部分を、斜め45度に削る感じで、専用爪切りでカットする。
* 耳掃除はシャンプー後でなく前に済ませる(市販のイヤークリーナだと仕上げが脂っぽくなりすぎるので、水もしくは水+重曹+アルコールの自家製ローションで丁寧に拭く)。
* 軽くブラッシングしながら体全体を触ってあげて、傷などないかチェック。

シャンプー、リンスは、かなり薄目に希釈して使う(特にクリームリンスを希釈する場合は、ダマにならないように、完全に溶かしきること)

お湯の温度は、季節にもよるが38℃前後を目安に。

ソマリ以外の猫種で短毛の子は、お湯で流し、シャンプー剤を付けて洗い(シャンプー剤がアワで出てくるボトルや、泡立てネットなどを使うと便利。おしり周りや指の間も忘れずに洗う)、よくすすぎ、リンスして、再度充分にすすいで終了。

ソマリのように長毛で脂っぽい毛質の猫は、シャンプー前に、脂を落とす作用のある市販のプレローションでマッサージ。特に脂っぽくなりやすい背中から尻尾の付け根には、丁寧にすりこむ。そして、お湯で濡らす前に希釈したシャンプー剤をそのローションの上から振りかけて、よく馴染ませる。そして、ここでやっとお湯を加えて、シャンプー。すすぎとシャンプーを繰り返し、完全に脂が落ちきるまで、3〜5回シャンプー。リンスをかけたら、再度充分なすすぎで終了。毛がきゅっきゅとなるくらいまでの、充分な「脂落とし」と「すすぎ」が一番のポイント。
※ しっぽの付け根が脂っぽくなる「スタッドテイル」については、その原因・治療・予防などをこちらにまとめました「ソマリのスタッドテイルについて

顔を洗うときは、ミニタオルをお湯に浸して拭き洗い。

すすぎをシャワーだけでやると、毛の中にシャンプー剤が残りやすいので、なるべく桶やペットバスを併用し、お湯をはってその中に猫を入れてすすぐ。

乾かす際は、速乾性タオルでほとんど水分をとったあと、ペーパーナプキンで細かい所を拭いてあげると良い。仕上げにコットン等で軽くお耳の中を拭いて、刺激のない動物用目薬を点眼してあげれば、パーフェクト。

ドライヤーをかける時は、かならず温風があたってる所に自分の手を添えて、温度が熱くなりすぎないように注意する。一カ所にあてたままドライヤーの手を止めないこと。

毛玉は、手でていねいにほぐす。よほど酷い時はカットしてOK。毛玉は一個でも放っておくと、またどんどん増えるので、普段から見つけた都度きちんと処理すること。

以下は、管理人の仕入れたぷち情報です
* ソマリブリーダーさんやソマリオーナーさんがよく使われているシャンプー剤
◎ 卑弥呼(Jerob) http://www.himiko-web.com/
◎ ラファンシーズ http://www.lafancys.co.jp/

* 仕上がり感よりも、とにかく低刺激なシャンプーを使いたいパパママ向き
◎ マジカルシャン http://www.wanderland.jp/other/magishan.htm
(リンスの要らないタイプ。口に入れても安全な原材料で作られています。仕上がり感はイマイチ。洗った直後はバサバサな感じになりますが、3〜4日で艶が出てきます)

↓ シャンプー後はピカピカ〜☆
ソマリ(Lino)

PAGETOP